« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月29日

フルートフェスティバルのご案内

これは毎年お正月に、日本フルート協会が開催している演奏会です。

日本を代表する!!フルーティストの名前がずらずらっと100人ほど
!!並んだ青いチラシ。

来年は1月7日(日)14:30~ 東京上野にある文化会館大ホールで行われます。


今日はこれから練習です。

泉岳寺にあるN響の練習場です。

いつもはリサイタルなどで聴かせて頂いている演奏家は、間近で聴こえる音は一体どのような音なのでしょうか?!

そ音楽の作り方、音の作り方など、見て聴いてお勉強させて頂こうと思います!!

ご興味のあられる方は日本フルート協会のホームページを覗いてみてくださいね♪

2006年12月25日

クリスマスの日に思うこと

今日はクリスマス(祝日)ということで、お勉強もちょっとお休みいたしましょう。

今日は私が最近思っていることについて少しお話したいと思います。

私には5歳になる娘がいます。彼女はサンタさんの存在を信じて疑わず、クリスマスまで毎日カウントダウンをして、プレゼントを楽しみにしています。

ですが、私が育った家庭ではクリスマスは存在しませんでした。(仏教だから、ということらしいです。代わりに花の日“お釈迦様の誕生日”はありました。)

ですから、私はクリスマスへの憧れ、というか執着がいまだにありますね。

彼女は、お友達とも「クリスマスにはラブミュウもらうんだ~」とか、「わたしは○○もらうんだ~」と普通に会話しています。

皆様は、子供はそんなものよと思われるかもしれませんね。

でも、本物のサンタをみたことがないのに(街にいるサンタはウソサンタと思っている)どうして信じることができるのでしょう?!

私には、クリスマスにはプレゼントがもらえると信じて疑わないことにびっくり!!

サンタがいることを当然のように思い、お友達にもお話していることにも!!

人間は、当然そのようになると予想していることに関しては心配もしないし、それが皆の共通意識であれば、その先についてイメージすることが出来るんだな~と。

ということは、もし私達大人が、「何があっても戦争はしないし、させない」と信じ、


「来年中に北朝鮮国内が突っ張るのをやめて幸せになり、日本は核の脅威から開放される」と信じ、

絶対に疑わず、それを周りの方と楽しくお話しすること(まるでサンタを待つ子供のように)

そうすれば絶対にプレゼントを受け取れると思うんです。

北朝鮮だって、自分の国が食べるものにも困っている時に他の国を威嚇するなんて、本当はやめたいと思っているはず。

これは、娘の通っている保育園で一緒の先輩ママから教えて頂いたことなのですが、(お子さん4人いらっしゃるのにお肌ぴちぴちで超~綺麗なお方なんです!)

「叶う」っていう漢字は「口」に「十」て書くでしょ?これは、十回口に出して言えば、叶うということ なんだそうです!!

皆さんの叶えたい夢は何ですか??

今存在する豊かさが失われる時真っ先になくなるのが、私のもっとも愛する「音楽」「美術」

クリスマスにはプレゼントがあり、子供の笑顔があり、世界中のおいしいものが食べられて、

コンサートにも行くことが出来、世界中の情報が瞬時に手にはいる・・・。

今、こうして豊かさを当たり前のように享受していますが、

これも戦争を体験せざるを得なかった祖父祖母の世代の夢が、かなった状態ですよね。


彼らからみればまさに「夢のような」世界に、当たり前のように住まわせてもらっているわけです。

ということは、私達大人が今思う夢は、叶うってことです!!

私は、空気が綺麗で、農作物も国内でまかなうことが出来、人々が健康で信頼しあい、美しい街並みに、人が穏やかに行き交っている姿をイメージしました。

今あるこの幸せに感謝!!