« 天才の条件! | メイン | クリスマスの日に思うこと »

音程の作り方

講師の山本です。

今日は音程の作り方についてお話したいと思います。

当然ですが、フルートはピアノと違い、<b>自分で音程を作る楽器です。

このような楽器は他にも、ヴァイオリンや、クラリネット、トランペットなど、沢山ありますね。

このように、<b>演奏者が自分で音程を作る楽器のことを“作音楽器”といいます。

音程を作る楽器ですので当然のことながら、楽器自体は完全には正しい音程ではないです。

音程を作る時の目安に、チューナーを使いますね。

<b>チューナーはピアノと同じ、平均律で作られていますので、まずまず正しい音程を提供してくれます。

ですが、ここが問題で、チューナーはたいていのモノが12平均律で作られています。


12平均律とは、1オクターブの中を均等に12で割った音程なので、例えば「ド」と「ソ」などの音程が微妙にずれていて純粋な響きにはなりません。

人間の耳には簡単な比率の音程がより美しく聴こえるのですが、ある特定の音程(例えば「ド」と「ソ」)を正しい比率(2:3)にすると、

他にしわよせが来て、かなりずれてしまうので、全体をすこしずつ平均的にずらして近似値にしてしまおうというのが平均律の考え方です。

ですから、チューナーは<b>純正な響きではないが、完全に程近い=目安を知るのに最適な道具といえます。

ではどうやって純正の響きをつくるか、ですが、まずは平均律に慣れた耳に純正の響きを覚えさせていくことでしょうか。

絶対音感があると違うのでしょうが(何をもって絶対音感とするかは人によって違いますが)、私はある調の主音に対して平均律と純正律がどのぐらいずれているのかを体で覚えるようにしています。

平均律の生まれるかなり前の教会音楽は全ての音程が単純な比率で出来ています。聴くと、純粋な、透明な響きを感じます。

ピアノも奏法によっては純正に近い響きを作ることが出来るらしいです(!?)が、作音楽器は自分で<b>音程=響きを純正にしていく楽しみがあり、ピッタリはまったと感じる時はとても気持ちのいいものです。

それならチューナーはいらないじゃないってハナシになりますが、チューナーはある程度自分の音程感覚(基準からどのくらいずれているか)をチェックすることが出来ます。

まずは、チューナーで近似値の感覚をつかむことをやってみましょう!