« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月30日

音程の作り方

講師の山本です。

今日は音程の作り方についてお話したいと思います。

当然ですが、フルートはピアノと違い、<b>自分で音程を作る楽器です。

このような楽器は他にも、ヴァイオリンや、クラリネット、トランペットなど、沢山ありますね。

このように、<b>演奏者が自分で音程を作る楽器のことを“作音楽器”といいます。

音程を作る楽器ですので当然のことながら、楽器自体は完全には正しい音程ではないです。

音程を作る時の目安に、チューナーを使いますね。

<b>チューナーはピアノと同じ、平均律で作られていますので、まずまず正しい音程を提供してくれます。

ですが、ここが問題で、チューナーはたいていのモノが12平均律で作られています。


12平均律とは、1オクターブの中を均等に12で割った音程なので、例えば「ド」と「ソ」などの音程が微妙にずれていて純粋な響きにはなりません。

人間の耳には簡単な比率の音程がより美しく聴こえるのですが、ある特定の音程(例えば「ド」と「ソ」)を正しい比率(2:3)にすると、

他にしわよせが来て、かなりずれてしまうので、全体をすこしずつ平均的にずらして近似値にしてしまおうというのが平均律の考え方です。

ですから、チューナーは<b>純正な響きではないが、完全に程近い=目安を知るのに最適な道具といえます。

ではどうやって純正の響きをつくるか、ですが、まずは平均律に慣れた耳に純正の響きを覚えさせていくことでしょうか。

絶対音感があると違うのでしょうが(何をもって絶対音感とするかは人によって違いますが)、私はある調の主音に対して平均律と純正律がどのぐらいずれているのかを体で覚えるようにしています。

平均律の生まれるかなり前の教会音楽は全ての音程が単純な比率で出来ています。聴くと、純粋な、透明な響きを感じます。

ピアノも奏法によっては純正に近い響きを作ることが出来るらしいです(!?)が、作音楽器は自分で<b>音程=響きを純正にしていく楽しみがあり、ピッタリはまったと感じる時はとても気持ちのいいものです。

それならチューナーはいらないじゃないってハナシになりますが、チューナーはある程度自分の音程感覚(基準からどのくらいずれているか)をチェックすることが出来ます。

まずは、チューナーで近似値の感覚をつかむことをやってみましょう!

2006年11月07日

天才の条件!

天才作曲家といえば、「モーツァルト!!」

今年はモーツァルト生誕250周年でして、TVでもよく特集があり、ご覧になられたかたも多いかと思います。

先日私が見たのは、彼を、脳科学からの切り口で発見していく特集でした。

それによると、モーツァルトは35年という短い生涯のうち、なんと10年を旅に過ごしたというから、驚きです。

著名な音楽家の脳は普通の人の脳と明らかに違いがあることがわかっています。

右脳と左脳の情報を統合する「統合野」部分が普通の人よりもかなり大きく発達しているらしいです。

どうして?!

右脳では感情表現など、左脳ではリズムや楽譜を読むことを同時に行うので、たえず右脳と左脳の情報を交換することになるからだそうです。


ということは?!

①右脳を強化するトレーニング、②左脳を強化するトレーニング、③右脳と左脳を連絡するトレーニング

を組んで練習すれば、天才になりうる??!!

モーツァルトの生涯で、

①に役立ったことは、多感な頃から旅の連続で、見るもの聴くもの全てが右脳を刺激した。

旅先で、沢山の人と出会い、親しくなったと思ったら別れてしまう、その繰り返しが感情のトレーニングになった。

②に役立ったことは、父親が音楽家であり、生まれる前から音楽に溢れた家庭であり、優れた教育者であったこと。

③に役立ったことは、音楽することが生きる糧を得る手段であり、貧しさに耐え(フリーの音楽家のパイオニア)生きようとする時ものすごいパワーがでた。

もうお分かりですよね!?

沢山の経験をし、沢山の練習をし、生きようとすること・・・。

文字にするとたったこれだけ?!ですが、実際に彼が、生きることにどれだけ苦悩したか考えると、胸が苦しくなってきます。

その苦しみを超越した音楽が、天上の調べと聴こえるのでしょうか・・・。

アマデウス=神に愛された人 という意味らしいですが、疑問に思ってしまう、番組でした。