« Andante や Adagio って、何語? | メイン | コンサート無事終了♪ »

セカンドの楽しみは!?

講師の山本です。

来週に控えた演奏会の準備も最終調整に入りました。
一旦曲から離れて、気持ちゆったりと基礎練習中心の練習です。

今回はフルート2本、ハープ1本での名曲コンサートです♪

イタリアのバロック時代を代表する作曲家、コレッリ“パストラーレ”から始まって、ドイツバロック時代に当時バッハやヘンデル以上に人気のあったテレマンの2重奏、そしてベルエポックを代表するフランスの作曲家フォーレ“シチリアーノ”を経由し、ハンガリー生まれの兄弟フルーティスト、ドップラーによる“アンダンテとロンド”など、前半はフルートとハープらしい、とてもゆったりとした雰囲気のプログラムになっています。

後半は、イタリアはヴェニスの謝肉祭に、ドビュッシーの“アラベスク”、スペインのリズム“ハバネラ”を題材にしたラヴェルの“ハバネラ形式の小品”、イベールによる、フルートとギターのために作曲されたスペインの香り一杯の“間奏曲”そしてラストには、東洋のリズムや非ヨーロッパ地域の神秘的題材を用いてそこから新しい音の世界を追求していったジョリヴェの“アラ・ルスティカ”・・・。

と、どんどん、リズミックに、プリミティブになっていき、、、フルートとハープのあの、典雅な雰囲気はどこへやら、、、フルートとハープでこんなことも出来るんだというあたらな発見も出来るかも!?という、聴き応え十分のプログラムです♪

9月14日(木曜日)丸の内線茗荷谷駅徒歩5分、ラリール にて \2000 

演奏者は、演奏活動のかたわらラジオのDJとしても活躍されている フルートの吉田千晴さん、 ソロのハーピストとしてオーケストラ等でも活躍されている ハープの彩愛玲さん、 そして私の3人です。