フルート教室.jpg

教室紹介 / 講師プロフィール / アクセスマップ
無料体験レッスン / コース・料金表 / お問い合せ・Q&A

.flute2.net

伝えたいこと

色んな方の演奏を聴かせて頂く機会がありますが、

私が聴いていて楽しい!と感じるのは、生徒さんの発表会です。

フルートに限らず、ピアノの発表会や、大手音楽教室のグループの発表会など・・・。


ちょっとドキドキ、でも演奏するのが楽しい~!!

という気持ちが聴いているほうまで伝わってきて、こちらもわくわくしてしまいます♪


音楽に対する情熱が、技術の壁やステージの壁を超えてしまっている瞬間が!

音楽ってこれだ!!と。

知っていて忘れがちでも一番大切なこと。

ステージにいる時の気持ちはお客様に伝わっていること。

伝えたいことは伝わること。

.flute2.net

基礎練習はサプリメント!

このお教室でフルートを教えさせていただくようになって、色々気づいたことがあります。

そのひとつが健康について、です。
このブログもしらずしらずのうちに、音楽のことよりもまず、体のお話をしてしまいますよね。

でも、本当に、体って、心の窓!!

だと痛感させられます~。

それで、良い体になると良いフルートが吹けるに違いない♪と思い、

栄養の勉強を始めました。

その中で、記憶に残ったのは、

食物からしか取れない9種類の必須栄養素について(家庭科でやったような)です^^


さて、生きていくのに必要な栄養が9種類あります。

そのうち、1種類を沢山摂っても、他の栄養の取り方が少なかったら、沢山取った栄養素は体に吸収されない。

ということでした。

この事実は全くフルートと一緒でびっくり!!

何かひとつが(例えば、音楽性、表現力、音色、技術e.t.c...)突出していても、他の低い部分でしか表現出来ない(涙)

だから、やっぱり、自分に足りない部分を(普段気づかない)指摘してもらえる環境にいるのは、本当にありがたいことで、時間のロスが圧倒的に少なく済むと思いませんか?!

そして、足りないものをご自宅の練習(基礎練習など)で補っていけば、全体が底上げされて、見違えるように、その人の良さが12分に発揮できる音楽が演奏出来る♪♪

どう??素晴らしいアイディアでしょ?!

さあ~、指摘して欲しい人、補いたい人、一緒に勉強しましょう♪

.flute2.net

気がのらない日の練習について・・・。

人間誰だって落ち込む時もありますよね。

体調の悪い時だってあります。

そんな時でも真面目に“フルート練習しなきゃ”と自分を叱咤激励するタイプですか?!それとも?!(笑)

誤解を恐れず、結論からいうと、「練習しない」方がいい。

なぜか?!

気が滅入っていたり、体調が悪いと、
テンションが下がっています。
これは、「これ以上新しいことは受付けません。」
という体からのメッセージです。

今あなたの体の中では、今ある問題を処理して初期状態にしようと、
猛烈に頑張ってくれています。

まるで、パソコンが立ち上がる前のハードディスクのような、「砂時計」状態?!
そのような時は体も心も優しくいたわってあげて下さい。

体と心がが喜ぶようなこと、例えば、空気のよい綺麗な所を散歩するとか、自然食をいただくとか、温泉にいくとか・・・。

そうすると、凝り固まっていた思考も体も、ほぐれていって、
いつのまにか頭が軽くなり、重心が下がっていきますから♪
そして、にこやかな気分の時にすかさず練習すること(笑)

その時は、絶対に絶対に「目的を持って」練習!!!
ぜひともよろしくお願いいたしますね~^^

.flute2.net

はいてーーーー(はいてーーーー)ハイテーーー・・・・・・・・マダマダー・・

いきなり苦しいこのタイトル、これが今日お伝えしたい「体の中にある筋肉を鍛える練習」なのですが、皆様、頭はぼーっとされませんでしたでしょうか~(笑)

今日は、実際にご自分の体を使って実験&体感していただきたいと思います!!

まず、両手の甲を腰の後ろ側に当ててみます。

そして、肺の中の空気を全部吐き出してみましょう。

まだまだ吐けます。全部吐いてください!自分の限界だと思っている以上に出来るはずです。

自己ベスト?そうとうキツイ?!最高にスリムです!!

ではここで、ゆっくりと鼻から息を吸ってみましょう。

最初はおなかに勝手に流れこんでくる感じ、ありますでしょうか?

おなか満タンになったら、

今度はアバラ骨を広げてみてください。まだまだはいりますね。

そして、限界まで息を吸い込んでください。もう少し吸えるはずですよ。

スッ、スッ、という感じだと楽にはいりますよ。

はい、それでは息をとめて、心の中で1,2,3とかぞえてください。

はい、では吐きます。

フルートを吹いているイメージで。

肺の中に息を一粒も残さないで、限界まで。

この一連の動作を6回くりかえす。

・・・・・・・・以上が練習メニューですが、正直言って慣れるまではかなりキツイと思います。

でも、この体の使い方をマスターして、実際の演奏に生かすことが出来れば、フルートの3大要素である「息」をマスターしたも同然なのです。

フルートの3分の1をクリアしたことになるのですから!!(素晴らしい!!)

ところで肝心の、おなかの中の腹筋は鍛えられたでしょうか?

こればかりは、おなかを開けない限り、お見せすることが出来ないので残念なのですが・・・。

今のエクササイズを気づいたときにだけでもおやりになれば、フルート体力がついてくると思いますよ!

レッスンお休みのこの時期、ぜひ取り組んでみてくださいね♪

もっと詳しくお知りになりたい方は、

トレバー・ワイ フルート教本5 音楽の友出版 \1800

をご覧になってみてはいかがでしょう?!

タイトルだけみると難しそうですが、実際は薄くて、わかりやすい図が載っている、楽しいテキストです。

私の練習、レッスンでも使っています♪

.flute2.net

あけましておめでとうございます。

2007年あけましておめでとうございます。

2006年は、最高に幸せな1年になりました。

全てのことに感謝の気持ちで一杯です。

いろんな事にありがとうございます…

今年も、音楽を通じて皆様へ幸せを届けていけるよう精進して参ります♪

どうぞよろしくお願い致します^^

というわけで、元旦といえば、「初詣」ですよね?!

江ノ島の弁財天さまは音楽芸能の神様、ということで、初詣は江ノ島でした。

古く552年!!から現在に至るまで、多くの人から慕われている神社だそうです。

辺津宮には琵琶を弾く弁財天様が祭られています。

奥津宮には頼朝寄贈の鳥居や、八方睨みの亀など、歴史のあるものが沢山あります。

ですが、私が一番心惹かれるのは、笛を吹く天女の図です。

たおやかな表情で、かなり良いアンブシュア(笑)

(でもたぶん弁財天様ではないけれど…)

弁財天様は、昔鎌倉にいたという、村人を食べてしまう、5つ頭の龍の心を鎮め、

村人を救ったと言われるお方だそうです。

私も2007年、この弁財天様のように、乾いた心が潤うようなフルートが吹けたら…


フルートファンの皆様、そして音楽ファンの皆様、一度足を運んでみられてはいかがでしょう?!